ブログ ブログ他

神経が圧迫されてしびれや痛みはウソ?!

投稿日:

 

こんばんわ!痛み改善専門パーソナルトレーナーの豊田啓太です。

 

 

 

日本にはいま、約1000万人の方が腰痛で悩んでおられると言われています。

 

 

 

 

本日も整形外科のお医者様の本の内容の一部抜粋させて頂き、最後に

自分が思うコメントなどを入れております。

 

 

 

何を試しても腰痛がよくならない方は是非ご覧下さいませ。

 

 

 

 

※以下が本の抜粋内容です

=======================

 

 

 

「神経が圧迫を受けると、痛みやしびれが生じる」

 

 

 

「老化した関節や骨は痛む」

 

 

 

「筋肉痛はほうっておいても治る」

 

 

 

 

いかにもありそうな事です。しかしこれらは全部、あとで詳しく述べますが、

根拠のない間違った思いこみです。この間違った思いこみが日本中にあふれています。

患者さんの思いこみならまだ分かりますが、専門医がそう思い込んでしまっているのです。

 

 

 

その為に多くの人が、慢性化した腰痛や頸痛に苦しんでいます。

 

========================

 

参考図書、引用 トリガーポイントブロックで腰痛は治る

著者      加茂整形外科医院院長 加茂淳

 

 

 

 

「痛み改善専門パーソナルトレーナーから一言」

 

 

 

 

もしかしたら下記の3つは

一般によく聞くような事かもしれません。

 

 

 

○神経が圧迫をするから、痛みやしびれが起きる。

○老化した関節や骨は痛む。

○筋肉痛は放っておいても治る。

 

 

 

しかし、上記の3つのこういった間違った思いこみが

背景にあるので、、腰痛や首痛に苦しむ・・・

といった事が起きているような事をこの整形のお医者様は

はおっしゃっていらっしゃいます。

 

 

 

 

私も運動指導などで、椎間板ヘルニアなどの腰痛持ちの方を

運動指導をさせて頂く事があるのですが、

例えば、普段座り仕事などで、弱っているお腹の奥側に存在する

インナーマッスル(腹横筋)などの筋肉を動かし、お腹に力が入るように、

運動をしてみたり、普段体を動かさない事で、骨盤周りが硬くなってしまうので、

骨盤周りを動かしたり、もしくは、硬くなっている筋肉を柔軟性が上がる用に

運動指導をさせて頂くと、結果的に腰痛などの痛みが取れてしまい、

椎間板ヘルニアになり、しびれや腰痛で苦しんでおられる前よりも、

活動的で体が柔軟になり、腰痛を気にする事なくゴルフが出来てしまう

クライアント様がほとんどです。

 

 

 

 

 

どこに行っても腰痛などの痛みなどがよくならず、

腰痛などで病院のはしごをしていらっしゃる方は、

筋肉を動かしたり、可動域などを広げる用な

トレーニングを行っていくと、結果的に

腰痛などの痛み取れてくる可能性が高いです。

 

 

 

 

結論としては、痛み(腰痛)がよくならない背景として、

「筋肉」などが原因で痛みにつながっている事はどうも多いようです。

 

 

 

もしも、あなた様が腰痛をよくしたいけども、何を試してもよくならない・・・

という事であれば、「筋肉を動かす」という事に、

意識を持つのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

一人でも快適な生活を送れる人が増え、喜ぶ姿が増える事を

心よりお祈り申し上げます。

 

-ブログ, ブログ他

Copyright© 産後骨盤矯正ダイエットなら豊田啓太にお任せください! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.