ブログ ブログ他

太ももの裏の柔軟性がないと腰痛になるかも?

投稿日:


大阪で活動する痛み改善専門パーソナルトレーナーの豊田啓太です。

 

 

 

こんばんわ!本日はキックをするような動作をすると、
腰が痛くなってしまう方へのブログになります。

 

 

 

先日、キックをする用な動作をすると腰が痛い方や、
太ももの後ろ(ハムストリングス)の筋肉が硬い方、
もしくは普段つっぱっている方は、

 

 

 

体を整えてあげるエクササイズを
入れた方がよいかもしれませんという事でした。

 

 

 

そして、今日は先日の続きになります。

 

 

 

なぜ整えるエクササイズをした方がよいのかと申し上げると、
キックをするような動作をする場合に太もも(ハムストリングス)
などの筋肉が硬くなっているような状態だと、脚を前に出す時に、
太ももの後ろ(ハムストリングス)が十分に伸びない、もしくは
硬くなっている事で、

 

 

 

脚を前に出す時に太ももの裏(ハムストリングス)の筋肉が硬い事が原因で、
腰を丸めるような姿勢になってしまうかもしれません。

 

 

 


腰が丸まる(骨盤後傾姿勢)になってしまうと腰椎部に負担がかかって
しまいます。

 

 

 


だから、何なんですか?と言いますとキックをするようなスポーツ、脚を前に出す動き
は太ももの後ろ(ハムストリングス)の柔軟性がないと結果的に腰痛になってしまかも?
しれないという事です。

 

 

 

もし、上記の用な偏りになっているのであれば、太ももの後ろの柔軟性を上げるエクササイズを
行いましょう。

 

 

 


今日はこれで終了です。

 


 

===========================

 

豊田啓太のオフィシャル公式ホームページはこちら

 

https://www.itamikaizen.com/

 

 

なぜ痛みが繰り返されるのか?を知りたい方はこちら

 

 https://www.itamikaizen.com/why/massage.php

 

お客様の感動のインタビューはこちら

 

https://www.itamikaizen.com/interview/index.php

 

 

==========================

大阪で活動する痛み改善専門パーソナルトレーナー

痛みや不調を改善するエクササイズセラピスト

 

 

-ブログ, ブログ他

Copyright© 産後骨盤矯正ダイエットなら豊田啓太にお任せください! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.