ブログ ブログ他

野球の肩の痛み

投稿日:

 

こんばんわ!大阪で活動する痛み改善専門パーソナルトレーナーの豊田啓太です。

 

 

 

本日は筋肉は強ければ強いほどいい?

についてです。

 

 

 

筋肉のコンディショニングなどは、柔軟性が高ければ高い程、健康にいい!

とか筋力が強ければいい!いう考え方の方が世の中的に

とても多い様な気がします。

 

 

 

 

柔軟性がすごく高い方でも、不調や痛みを持っている方がいらっしゃいます。

筋肉をたくさん鍛えていても、不調や痛みを持っている方方がいらっしゃいます。

 

 

果たして、たくさん筋肉を鍛えれば、競技が上手くなるのでしょうか?

鍛えれば鍛える程、競技能力はよくなるのでしょうか?

 

 

 

柔軟性は高ければ高い程いいのでしょうか?

 

例えば、ベンチプレスなどをし過ぎると、大胸筋などが発達して、肩甲骨の動きが

悪くなる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

もし、競技でその方がピッチャーなどをしている方であれば、

鍛えれば鍛える程、肩が痛くなってしまうかもしれません。

上記の事を考えると、その方の競技人生を短くしてしまうかもしれません。

 

 

「今日の一言」

 

運動はその人の体をよくも悪くもしてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

さて、あなた様はどう思いますでしょうか?

 

-ブログ, ブログ他

Copyright© 産後骨盤矯正ダイエットなら豊田啓太にお任せください! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.