ブログ ブログ他

骨盤の標準の傾き

投稿日:

 

 

こんばんわ!大阪で活動する痛み改善専門パーソナルトレーナーの豊田啓太です。

 

 

 

 

 

本日は骨盤の標準の傾きについてのお話です。

 

 

 

 

 

人の体を横から見た時のお話です。

 

 

 

 

 

骨盤は反りすぎていても、丸まりすぎていても

腰や他の部位の不調が起きやすくなります。

 

 

 

 

反りすぎていても、腰に負担がかかります。

丸まりすぎていても腰に負担がかかります。

 

 

 

 

 

 

では、どのくらい骨盤を横から見たときに

傾いていればよいのか?と言いますと、

 

 

 

 

 

 

骨盤がやや反る(やや前傾している)が

標準です。

 

 

 

 

 

特に若い女性は骨盤が前傾し過ぎている方(反り腰)

が多いです。

 

 

 

 

 

そして、骨盤が前傾し過ぎている方は標準よりも

腰が反っているので、不調の原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、骨盤が前傾し過ぎて、腰が痛くなっているので

あれば、負担がかかりにくい骨盤の傾きにしてあげると、

 

 

 

 

 

 

 

不調がマシになるかもしれません。

 

 

 

 

 

上記の事から、

 

 

 

 

 

 

骨盤が標準の傾きなのか?

反りすぎているのか?

丸まり過ぎているのか?

 

 

 

 

などの姿勢を見るのは、私は大事だと思います。

 

 

 

 

 

あなた様はどう思われますでしょうか?

 

 

 

 

目標   「半年後のフルマラソン」

 

10月標走行数  月間60キロ

10月1日日迄の合計走行数 2キロ

目標達成までの走行数   58キロ

 

 

11月の運動指導者、セラピスト、介護職の方向けのセミナー

https://www.itamikaizen.com/blog/2012/09/post-66.php

 

スポーツクラブでの運動指導の依頼はこちらから

 ↓

https://www.itamikaizen.com/

 

ご自宅など、出張でトレーニング希望の場合はこちら

https://www.itamikaizen.com/blog/2012/09/post-67.php

 

なぜ痛みが繰り返されるのか?を知りたい方はこちら

 

 https://www.itamikaizen.com/why/massage.php

 

お客様の感動のインタビューはこちら

 

https://www.itamikaizen.com/interview/index.php

 

 
 

-ブログ, ブログ他

Copyright© 産後骨盤矯正ダイエットなら豊田啓太にお任せください! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.